11/17/2018
私は学生には株式投資をすすめません。 経済評論家が「株式投資参加は企業を良くし日本も良くする」と主張して行政もNISA等子供にも株式参加を勧めています。(アホか)...
05/19/2018
最近モテモテのIT社長。皆さんは「俺はプログラムもわからないしほど遠い世界だ」と思っている方も多いと思います。ところが今のIT社長にはプログラムがほとんどわからない人もたくさんいます。(あまり公表されていませんが)彼らが持っているのは3つ。アイデアと権利と行動力です。この3つがあれば誰でもIT社長になれます。路上ミュージシャンが投げ銭をインターネットで実現しよう。そんな素朴なアイデアから今や屈指のIT社長へ。色んな旅行サイトの情報を基に最安値をリサーチできるサイトなどなど。ちょっとしたアイデアは誰にでも考えられます。その後、そのアイデアを権利にする。これも難しいと考えがちですが著作権を活用すれば簡単です。アイデアの権利化の流れをざっと見てみましょう。①アイデアの企画書を作成②システムの流れのフローチャート=プログラムの元③具体的なプログラム作成④サービス試行となります。①と②までは言語や図形の著作物として簡単に著作権にできます。③のコンピュータに読み込むプログラムはプロのプログラマーに任せる。以上、素人は①と②で著作権にしてプログラマーに依頼またはスポンサーを探せばよいのです。
03/19/2018
いよいよ今国会で著作権の期間延長が提出される。 欧米はなぜ「著作権保護強化」を強政策としているのか? 答えは簡単。著作権で儲けまくっている大企業が多くあるからである。それら企業のバックアップを受けた政治家がその政策を進めている。 米国の著作権延長法は俗に「ミッキーマウス法」と呼ばれている。もともと1984年で切れるはずの権利が数回の法改正で今や2023年までとなった。 著作権の保護期間は1928年「56年」が1998年には「95年」となっている。この流れからいくと今後さらなる延長がなされそうである。 このような世界的流れに日本も飲み込まれながらの権利延長となるが、何も怖がる事はない。もともと日本人の創作力(著作権力)は世界一である。 しかしそれには条件がある。著作権の権利主張・行使する為の手段を持っているかどうかである。残念ながら今日本にはそのような世界に向けての政治力・経済集金システム(発信力)が弱いという現状がある。 何はともあれ、発明家(クリエイター)にとって、世界的視点に立った著作権対策が必要であり当オフィスが実施するシステムを多いに活用していただきたい。
01/09/2018
今年も皆様にとりましてよい一年でありますよう。 今年もよろしくお願い致します。
01/31/2015
日米コピーライトオフィスでは、「コピーライト勉強会」を大阪にて開催致します。 コピーライト(著作権)の活用方法等が学べ、また会員同士の交流を深めることができます。 これから会員や資格取得を目指している方や、会員でない方の参加も歓迎しますので、ぜひご参加下さい。...
08/26/2014
コピーライトアドバイザー資格創設3周年を記念して、「資格活用懇談会」を開催致します。今まで、どのように活動したら良いか悩んでいた方、もっと活用したい方はぜひご参加ください!! 日 程:平成26年10月11日(土)13:00~15:00※変更になりました 会 場:日米コピーライトオフィス「新宿ミニアトリエ館」...
06/18/2014
コピーライトアドバイザー資格創設3周年を記念して、「資格活用セミナー」を開催致します。今まで、どのように活動したら良いか悩んでいた方、もっと活用したい方はぜひご参加ください!! 日 程:※延期になりました(日程は後日お知らせします) 会 場:日米コピーライトオフィス「新宿ミニアトリエ館」 受講料:無料(定員になり次第締め切り)...
03/25/2014
今日から、当法人のフランチャイズ第1号となる「日米コピーライトオフィス青森」の研修に、弘前まで行ってきます。 まずは、大宮駅から東北新幹線「はやぶさ」に乗り、新青森まで行きます。 大宮駅では、春休みに入った子ども達が嬉しそうに新幹線を見ています。私も負けじと写真を撮りました。 では、行って来ます!